アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

タグ:保育士試験合格通知

 東京近郊では早ければ明日、その他の地方は週明けくらいには、結果通知書が届く事でしょう。

 私にとって唯一の例外は、平成27年の地域限定保育士試験が行われた年でした。

 発送初日の土曜日に、簡易書留で不合格通知が届きました。

 地方在住の私にとって、ありえない日に届いたわけです。

 その時書いた記事がこちらです。

 「まさか今日届くなんて、無念、3度目の正直は成らず」

 私のもう一つのブログにも・・・

 「保育士実技試験、結果は不合格、悔しくて仕方ない」

 平静を装っていますが、筆記試験の結果通知も含めて土曜日に届いた事が一度もなかったので、慌てふためいたのを憶えています。

 合格した今となっては笑い話で済みますが、当時は悔しくて悔しくて。

 最初は驚き、時間が経過するにつれて悔しさがこみ上げてきました。

 多分、平成27年11月21日土曜日の出来事は一生忘れないでしょう。

e08060fafca4626df1dfcd24bfce4891_s




 保育士試験を合格されたみなさん、おめでとうございます。

 首都圏以外のみなさんは、配達が連休明けで気が揉めますね。

 私は実技4回目での合格でしたが、諦めなければきっと合格できると信じてやってましたので、たとえ不合格だったとしても諦めないでくださいね。

 配達も連休中は中休みと言う感じなので、2年前の合格発表後の記事を再掲載してみました。

 みなさん、こんにちは。

 保育士試験に10年以上挑戦してきたため、いざ合格してしまうと保育士試験ロスとでも言うのでしょうか、目標を見いだせないでいます。

 私自身ケアマネですが、60歳の定年退職までは「責任をもってやらなければ」と思っていますので、今すぐに保育士資格を活かす訳にはいかないのが現状です。

 そんなところへ昨日、私自身が所属する社会福祉士会から郵便物が届きました。

 児童関係の研修でもあったらいいなと思いながら開けてみると、会報とその他の研修案内、そして「平成29年度スクールソーシャルワーカーの募集について」と書かれた案内文書が同封されていました。

15370443c875989d6befd1dd1b17d2da_s
 
 児童関係の仕事にはつい目が行ってしまい、目を皿のようにして読みました。

 ・県の非常勤職員(兼業可)

 ・週2日勤務、1日の勤務時間は6時間、報酬は1時間あたり3,500円(社会福祉士又は精神保健福祉士の有資格者)

 ・通勤手当はなし。

 残りの3日間は、別の保育所等でパートとして雇ってもらえれば・・・。

 まさに定年退職後の仕事としてうってつけと、2年後の話なのに、勝手に夢想してしまいました。

 まあいずれにしてもどんな形であれ、定年退職後の第二の人生は、児童に関する仕事に就きたいと思っています。

 少しづつ情報収集を行いながら、夢を現実に近づけていく、楽しい努力をしたいものです。

 この記事から二年経過して定年退職が間近に迫り、児童関連の仕事で再就職を目指しています。

 そんな折、履歴書を提出した「療育センター」から、面接したいと連絡がありました。

 どうやら、書類選考は通過したようです。

 ここまで来たら児童に関わる仕事に、何としても就きたいものです。




↑このページのトップヘ