アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

タグ:シニア保育士

 11年連続で不合格だった保育士試験ですが、自分を大きく成長させてくれる原動力にもなりました。

 10数年前、不況で長年勤めた会社を辞め2年間職を転々とした後、福祉の世界へと飛び込みました。

 福祉人材センターの仕事を手始めに、権利擁護事業の専門員、デイサービスの介護員、生活相談員、そして9年前からは居宅介護支援事業所のケアマネとして働きました。

 60歳定年を機にケアマネを辞め、保育士転職に挑戦しましたがかなわず、福祉人材センターに出戻った形です。

17b6c06a2b44fa15680bb6ed1b070c95_s

 それはさて置き、最初の頃は何の資格もなく働いていたため、受験資格のある保育士から勉強を始めました。

 準備不足の中、最初の年に五つの科目で科目別合格できたため、過剰な自信となりました。

 図に乗って通信制の大学に編入学し、社会福祉士も同時並行で目指しました。 

 夏は保育士、冬は社会福祉士、一年2ステージ勉強法で、社会福祉士は2回目の挑戦で合格することができました。(保育士試験は、当時は年1回の真夏の試験でした)

 その後も、一年2ステージ勉強法は功を奏し、介護福祉士、ケアマネ資格と順調に取得することができました。

 保育士試験は、特に社会福祉士試験、介護福祉士試験と勉強が重なる部分が多く、合格の原動力になりました。

 また、保育士試験の科目別合格が自信となり、勉強が楽しくなったのも事実です。

 そんなこんなで今の自分があるのも、保育士試験があったればこそです。

 12年目に悲願の「保育士試験合格」にやっとたどり着けました。

 残る目標は、保育士資格を生かしてシニア保育士として働き、少しでも社会の役に立つ事です。




 私自身は60歳でケアマネを辞め、ついでにその事業所も定年退職しました。

 非正規での延長雇用の道もありましたが、思い切って保育士転職に挑戦したものの夢かなわず、現在は福祉人材センターで事務の仕事をしています。

 仕事内容は「保育」や「介護」の人材確保が主な仕事ですが、人を就職させるのでなく自分が就職したいわけで、ジレンマを抱えながら仕事をしています。

 いずれにしても、今の事務仕事に区切りをつけなくてはと思っています。

954d22361023b217b211df926e5cf729_s

 シニア層(60歳以上)の求人は、どちらかというと保育補助や介護補助と言う位置づけです。

 前回の記事でも書きましたが、自分が応募した月収16万から18万の保育士求人は、保育所側が求めていた年齢層とまったく合わずミスマッチだった事が今やっと解りました。

 実際の労働時間も朝から晩までという事ではなく、週3日から4日程度と思われます。

 爺さん保育士としての収入は、良くても10万から12万円と考えておいた方がよさそうです。

42b3fb4d0b88ce1330e3c27b9e079f18_s

 爺さん保育士として働くためには、ダブルワークや副業が必要と考えています。

 いろいろなパターンがあると思いますので、その手の本を片っ端から読んで研究しています。

 最近読んだ本としては、杉山経昌さん著「農!黄金のスモールビジネス」です。



 爺さん保育士として週3日から4日程度のパート勤務をしながら、残りの空いた時間を農業するのも手かなと思って読みました。

 最近は、耕作放棄の田畑が多いですから。

 ブックオフで200円で購入し、緩い気持ちで読んでいますが、農業が本業になりそうで怖いです。

 あくまで自分の妄想の中での話ですけれど・・・。




 私自身は60歳でケアマネを辞めて、いくつかの保育士求人に応募しました。

 結果としては、療育センター以外は面接さえもしてもらえず、すべて不採用でした。

 原因としては、生活費にこだわりすぎて、すべて月給16万円以上の求人だったと言う事。

 今考えるとそれらの求人は、全てガチな現役保育士向け求人であり、アラ還向けの保育補助的な求人ではない事がわかりました。

 その事については、今働いている福祉人材センターで5ヶ月働いてみて、遅ればせながらニーズが違っていた事に気付きました。

48f1e4c85f69afe4b9c34d8e7bc09c81_s

 だからと言って、保育補助が無資格でいいとは限りません。

 保育補助向けの研修があるとは聞いていますが、ここは思い切って保育士試験に挑戦してシニア保育士を目指すのも粋だと思います。

 60歳以上が保育士試験に挑戦する事に関しては、10年前に比べるとかなり環境が整い挑戦しやすくなっています。

 受験資格に関しては、平成3年3月31日以前に高校を卒業した者は経過措置により実務経験なしで受験できます。

 アラ還世代は他の若年世代に比べて、この経過措置により受験資格のハードルが低くなっています。

 また、平成28年からは年1回の試験が年2回(神奈川県などで行われている地域限定保育士試験を含めると年3回)に増えています。

 保育士試験は他の福祉資格の試験と違って、筆記試験は科目別合格制を採用しているため、試験回数が年2回に増えることは大きなアドバンテージになっています。

 科目別合格の積み重ねによって、筆記試験合格にたどり着けます。(受験回数の機会が2倍になった事で、科目別合格の有効期限3年をそれほど気にしなくてもよくなりました)

 実技試験に関しても同様で、精神的負担が年1回の頃に比べるとかなり軽減されていると思います。

 3つ目のメリットとしては、介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の資格保有者は、学科試験の科目10科目のうち「社会的養護」・「児童家庭福祉」・「社会福祉」の3科目が免除されます。

 「社会的養護」は難関科目ですし、「児童家庭福祉」・「社会福祉」はその年によってはかなり難易度が上がる場合もありますので、この3科目免除は合格にかなり有利に働きます。

 そんな訳で、定年後に保育補助で働く場合でも、保育士資格は決して邪魔になるものではありません。

 私自身が保育士試験で資格を取得した時も、勉強自体はとても楽しいものでした。

 ぜひ、お勧めします。




↑このページのトップヘ