アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

カテゴリ: 定年退職・転職

 平成17年から保育士試験に挑戦を始めて、平成28年の春試験に合格するまで、結局12回も試験を受けてしまいました。

BlogPaint

 最近は年2回の試験になったり、鬼門だった「子どもの食と栄養」も易化して、私もその恩恵を受けた気がしないでもありません。

 40代後半から始めた保育士試験でしたが、合格した時には定年退職まであと2年となっていました。

 その時点で、定年退職したら絶対児童分野で働きたいと思っていました。

 その頃の記事が、こちら → 定年退職後の事を、少し考えてみました

 来年の3月が定年退職ですので、それまでにケアマネの仕事を完結させなくては。

 同時進行で、就職活動も・・・。

 正直、フラフラのよれよれですが、不安より希望の方が勝っています。




 先週末に、保育士求人サイトに登録してみました。

 なぜかと言うと、ハローワークの求人では4ケ月先の新年度求人はほとんど無いからです。

 とりあえず3ヶ所、「保育士バンク」「ほいく畑」「保育のお仕事」に登録してみました。

 週明けの昨日、まず「ほいく畑」から電話がありました。

 女性の方からの連絡で、まず最初に保育士資格が有無を聞かれました。

 もちろん「有る」と答えたところ、東京方面で働く気があるか訊ねてきました。

 地元で働きたいと伝えたところ、北東北3県には支店がなく残念ながら期待に沿えないとの話でした。

 早い話が、登録したけれどこれでおしまいという意味でした。

 2番目に「保育士バンク」からも連絡がありました。

 こちらは男性のキャリアアドバイザーで、新年度求人である事、地元就業希望である事をを伝えましたが、特に断られる事も無く話も弾みました。

 対応も丁寧で、気持ちに寄り添ってくれる印象でした。

 最後に「保育のお仕事」ですが、まだ電話連絡はありませんが、早々にメールが届いています。

 こちらは、連絡待ちなのでしょう。

48af3c72fe96ae413faa16a43e3bb215_s




 今日は、時間休を取り「療育センター」を見学させていただきました。

 事務職員の方の案内で、病院区域や通所区域、リハビリ区域、重症心身障害児・者の入院区域、支援学校への接続区域、就学前の子供たちを対象にした保育機能を持った区域などを説明を受けながら30分かけて回りました。

 たくさんの子供たちとすれ違い、時には子どもさんやお母さんから挨拶の言葉があったり・・・。

 障がい児・者施設でありながら、明るさと活気を感じました。

 「ここで働きたい」と直感的に思いました。

 定年が3月31日である事を伝えましたが、応募はできるとの事でした。

85c161526463b1cc002a39b4b5bf48f7_s




↑このページのトップヘ