二年前の保育士試験に合格した時に、すぐに転職したかったのが本音です。

 しかし諸々の事情で、ケアマネの仕事を辞める訳にはいきませんでした。

 ケアマネはやりがいのある仕事ではありましたが、ときめきを感じる仕事かというとそうとも言えません。

 悪戦苦闘している割には毎日がルーティン化して、時間があっと言う間に過ぎていました。

 最近人気のテレビ番組「チコちゃんに、叱られる」で、大人になると時間が速く感じるのはなぜという質問がありました。

 答えはざっくりですが、子供に比べて大人はときめきを感じないからなのだそうです。

 新しい未知な事に挑戦しない自分が、まさにその状態だったのだと思います。

 定年退職を機に、全く経験のない「児童福祉の仕事に就くぞ」と決意したとたん、気持ちが前向きになれました。

 求職活動と並行して、ケアマネに区切りをつけるため、後回しにしていた仕事の解消にも努めています。

 新年度までに転職を成功させ、ときめきを感じられる毎日にしたいものです。

 そうすれば60歳以降の時間の流れも、少しは緩やかになるのかもしれません。

c01220b8f808918d4d0329554cb2f581_s