みなさん、こんにちは。

 筆記試験が終わり5日目、ゴールデンウィークの休暇に入り、ようやく落ち着きました。

 私の本職はケアマネですが、長い休みに入る前に「あれもやらなゃ、これもやらなきゃ」と昨日まで忙しい毎日でした。

 ですので、連休前半くらいは、ゆっくりしたいのが本音です。(連休の谷間は、悲しいかな出勤です)

 連休明けは5月9日、翌日が国保連への介護保険請求締め切り日ですが、できるだけ忘れる事に します。

815472ab42e16a0880c60d2360f477b9_s

 さて、少し前に「一発合格でなくても、いいじゃない」と言う記事を書きましたが、初っ端は私も「一発合格」を目指していました。

 もちろん、社会福祉士や介護福祉士、ケアマネの試験のように1回か2回で合格できれば良かったのですが、保育士試験はそんなにうまくはいきませんでした。(保育実習理論の初合格まで、5年もかかってしまったのが原因ですが・・・)

 そして初挑戦から、7、8年目の頃には日々の仕事に追われ、完全に最初の「決意」が忘れ去られ、惰性で試験を受け続けていました。

 平成26年度には、前年度の実技試験不合格の結果に意気消沈、完全に保育士試験から撤退していました。

 一年間休んでみると不思議なもので、「なりたい自分の姿」や「決意が」明確になってきました。

 復帰した平成27年度の試験では最後の最後で足踏みとなりましたが、今年こそはチャンスの神様の前髪をしっかり掴もうと思っています。

 いずれにしても、「決意こそすべて」、改めてそう思います。