みなさん、こんにちは。

 試験本番まで、あと34日ですね。

 隙間時間を活用するため「子どもの食と栄養」の音声CDを探していましたが、 適当なお値段の教材は見つかりませんでした。

 全科目から始めるのであれば、DVDや音声CDなどのメディア教材も充実しているヒューマンアカデミーの「保育士完全合格講座」が魅力的でしたが、全科目まとめて購入するとなると・・・。

 少し割高でも、法律系資格のように科目単体で発売してほしい。

 先週から今週にかけて、仕方がないので自分で音声教材作りに挑戦しました。

 「textalk」という、文書読み上げソフト(無料)に、厚生労働省のホームページからダウンロードした「保育所保育指針」をコピー&ペーストして読み込ませてみました。

 漢字や記号の読み間違いや、改行された箇所の不自然に長い間、人工音声による 聞き取りづらさ、それらのため読み上げソフトを使うのは諦めました。

 それで結局どうしたかというと、 一番原始的な方法、ボイスレコーダーを使って自分の声を録音しました。

 ボイスレコーダーに録音した自分の声って、他人の声みたいで気恥ずかしいですね。

 最近のボイスレコーダーは安価で操作が簡単なので、パソコンでややこしい操作をするよりも、 ある意味中高齢者の自分には向いているのかなと思いました。

 明日から、恥ずかしい自分の声「子どもの食と栄養」、聞きまくるぞ!