アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

2017年02月

 みなさん、こんにちは。

 保育士試験に10年以上挑戦してきたため、いざ合格してしまうと保育士試験ロスとでも言うのでしょうか、目標を見いだせないでいます。

 私自身ケアマネですが、60歳の定年退職までは「責任をもってやらなければ」と思っていますので、今すぐに保育士資格を活かす訳にはいかないのが現状です。

 そんなところへ昨日、私自身が所属する社会福祉士会から郵便物が届きました。

 児童関係の研修でもあったらいいなと思いながら開けてみると、会報とその他の研修案内、そして「平成29年度スクールソーシャルワーカーの募集について」と書かれた案内文書が同封されていました。

15370443c875989d6befd1dd1b17d2da_s

 児童関係の仕事にはつい目が行ってしまい、目を皿のようにして読みました。

 ・県の非常勤職員(兼業可)
 ・週2日勤務、1日の勤務時間は6時間、報酬は1時間あたり3,500円(社会福祉士又は精神保健福祉士の有資格者)
 ・通勤手当はなし。

 残りの3日間は、別の保育所等でパートとして雇ってもらえれば・・・。

 まさに定年退職後の仕事としてうってつけと、2年後の話なのに、勝手に夢想してしまいました。

 まあいずれにしてもどんな形であれ、定年退職後の第二の人生は、児童に関する仕事に就きたいと思っています。

 少しづつ情報収集を行いながら、夢を現実に近づけていく、楽しい努力をしたいものです。


 

 みなさん、こんにちは。

 ご無沙汰しておりました。

 自分の体調不良もありましたが、冬場はケアマネにとって忙しい季節でもあり、そちらの方にかかり切りというか、頭が切り替えられない状況でした。

 さて、週末は鳥取県など山陰地方には及ばないものの、東北北部もドカ雪でした。

BlogPaint

 自家用車の回りの雪を取り除かないと明日仕事に出られませんので、雪が止んでいる間に除雪を行いました。

 こちらの雪質は、北海道のような粉雪ではなく濡れ雪、水分を含んでどっしり重いため腰に来ます。

 春の保育士試験まであと69日ですが、早く雪が消え桜の季節が待ち遠しい今日この頃です。


 

↑このページのトップヘ