アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

2016年02月

 みなさん、こんにちは。

 今まで、本業(ケアマネ業務)の忙しさを口実に、先延ばしにしてきた試験勉強ですが、とうとう「四谷学院」から2年目の追加教材が送られてきました。

IMG_0605

 筆記試験は基本的には独学でしたが、実技の方は昨年から「四谷学院」の通信講座を利用しています。

BlogPaint

 2年間のサポートがあるとは聞いていましたが、昨日平成28年度実技試験対策冊子が届きました。

 早速、WEB受講生ページへアクセスしたところです。(まだ、平成28年度の実技試験用の限定動画は、用意されていないようです)

 筆記試験の方は、「あと55日」の表示がありましたので、いよいよ近づいて来た感があります。

 筆記試験が終われば、あっという間に実技試験です。

 私の場合、筆記試験は免除ですので、そろそろ本腰を入れて苦手の「造形」を始めなくては・・・。
スポンサードリンク

 みなさん、こんばんは。

 今日は、介護福祉業界にとって、注目の一日でした。

 介護福祉士試験の、筆記試験結果通知書が届く日だったからです。

 この結果によって、実技試験に進めるかどうか決まるのと同時に、実技試験免除者にとっても筆記試験の合格基準点がどの程度なのか見当がつくからです。

 合格ラインが判る仕組みはややこしいので省略しますが、最終合格発表まで一応目安になりますので、大注目なのです。

 筆記試験合格の方々には、こんな受験票が届きます。 

BlogPaint

 実は私自身、合格した福祉系試験で中で一番嬉しかったのが、この「介護福祉士」の資格です。

 リストラ同然で前の会社を辞め、4年間介護現場で実務経験を積み、身体介護の実技試験を経ての合格でしたので喜びも一入でした。

 資格取得を機に、回りの見る目も変わったように思います。

 やっぱり、現場の仲間達から一人前と認めてもらえるのは、何よりも嬉しいものです。


 私自身は定年退職後、児童福祉施設で働くことを夢見ていますが、身体障がい児施設であれば「介護福祉士」も役に立つ資格かもしれませんね。
スポンサードリンク

 みなさん、こんばんは。

 私自身は、今回の保育士試験が、恥ずかしながら11回目の挑戦となります。 

 13年前までは、普通の会社(食品メーカー)のサラリーマンでしたが、ITバブルの崩壊、米同時多発テロなどが起こり、リストラ同然で前の会社を辞めました。

 職業訓練校(ポリテクセンター)で半年間の訓練を終え、小泉政権下の緊急雇用対策で得た仕事は、福祉人材センターの「雇用推進員」の仕事でした。

 当時は毎日数多くの求職者のみなさんが、福祉の職を求めて人材センターへ来所されていました。

0ba70ad950aaa96b56708e39926edce6_s

 自分自身たった一年の雇用期間でしたが、多くの求職者のみなさんと接し、福祉の職場ではいかに資格が必要かを実感しました。(実際のところ、有るか無いかでは大違いです)

 実はこの仕事をしながらも将来の正職員に向けて、2級ヘルパー取得と保育士試験への挑戦を始めていたのです。

 その後、介護職として高齢者福祉の現場を経験しましたが、実務経験を積みながら介護福祉士、社会福祉士、ケアマネと比較的短期間で試験に合格する事ができました。

 一方保育士試験はと言うと、そうは行きませんでした。

 確かに、一発合格できるに越した事はありません。

 しかしながら、20%を切る試験において、一発合格できる人は5パーセントにも満たないのが実際だと思います。

 2~3回で合格できたなら素晴らしい事、4~5回でも御の字、たとえそれ以上だったとしても、その人にとっては勲章と言えるのではないでしょうか。

 一番大切な事は、何回挫折を味わおうとも、「合格」と言う目標を見失わない事です。

 私自身は恥ずかしながら、十一発合格を目指します。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ