地域限定保育士試験が終わり1週間経ちましたが、今回受験したみなさんのブログを読むと、「子どもの食と栄養」、「教育原理 / 社会的養護」はやはり簡単ではなっかったという事がよく判りました。

 出題者の先生たちは、地域限定だからといって、特に手を緩めなかったという事ですね。

 それでも、来年以降も春秋2回の試験が受けられる訳で、真剣に勉強に取り組んでいる人ほどその恩恵を受けやすくなっていると思います。

ピアノ

 私自身の個人的な意見ですが、保育士試験はケアマネ試験や社会福祉士試験よりも難しい試験だと思います。

 9科目中、7~8科目は普通に勉強すれば誰でも科目別合格にたどり着けますが、残りの1~2科目が本当に難しい。

 他の福祉系国家試験では、苦手科目1科目が1割の得点であったとしても、得意科目2科目で9割取れていれば十分挽回したことになります。

 私も5年目くらいから、ようやくその事に気付きました。

 とはいえ、「子どもの食と栄養」は本当に難しいですね。

 8月の筆記試験で取った65点も、未だにまぐれだったんじゃないかと自分自身を疑っています。