アラ還男、シニア保育士を目指す

旧ブログ名「絶対合格、保育士試験!苦節10年」、心機一転爺さん保育士を目指します

2015年04月

 私自身の勉強法は、声に出して覚える事を基本にしています。

 参考書にマーカーでラインを引きながら、それを声に出して読む。音声教材のCDを聴きながら、ナレーションの声に重ねあわせて話す。そして自分の声を耳で聴く。

 そんな風にして、記憶に定着させてきました。

 そして今回も、音読しながら保育士試験の参考書を6色に染めてみました。

参考書 007

 話の方向は少し変わりますが、今年3月のテレビ朝日系「関ジャニの仕分け∞」でも、脳科学者茂木先生の「鶴の恩返し勉強法」が紹介されていました。

 その方法とは、声に出しながら、ひたすら書くこと。

 記憶に関わる脳の部位は、見たり、聞いたりという五感をつかさどる部分と近い場所にあるため、大声を出し、多く書くほどその部位が活性化され、効果があるという内容でした。

 もし自分が書く速度がもっと速ければ、「鶴の恩返し勉強法」のように、書きながら大声を出して読んでいたかもしれません。

 五感をフルに使った勉強法は、だだ書いたり黙読するより2倍、3倍と覚えれれます。 私自身も、社会福祉士試験・介護福祉士試験・ケアマネ試験の勉強で確実に記憶に残ることを経験的に知っています。
スポンサードリンク

 みなさん、こんにちは。

 良い週末を、お過ごしですか。

 このブログの右上の、試験日までのカウントダウンが、気が付くと「あと111日」となっていました。

 仕事に追われていると、時間の経過もあっという間ですね。

 前々回の記事にも載せた翔泳社の「2015年版保育士完全合格テキスト」ですが、平成27年4月施行子ども・子育て支援新制度に完全対応というキャッチフレーズがどうにも気になって、ネット注文してしまいました。  

保育士合格テキスト 001
 週の半ばに宅配便で届いていましたが、週末まで開封していませんでした。

BlogPaint
 前回の「日本人の食事摂取基準」は大袈裟な箱に入ってきましたが、今回は普通の段ボール封筒に入っていました。 

保育士合格テキスト 008
 2015年版保育士完全合格テキスト、下巻です。

 この下巻は、「子どもの食と栄養」、「保育原理」、「教育原理 / 社会的養護」、「保育実習理論」が掲載されてていますが、今回の受験で免除切れ科目が3科目重なっていたため購入を決めました。

 ここまでは2年前の参考書を使っていたので少々不安でしたが、最新テキストで勉強することになったのでこれで安心です。

 新しい法改正にも、新しい食事摂取基準にも対応していますので、神経を使う必要もなくなりました。

 巻末には、「保育所保育指針」が掲載されていました。

 暗記しないといけませんね。
スポンサードリンク

 昨日午後3時過ぎに、平成27年保育士試験「受験の手引き」が届きました。

BlogPaint
 
 中身の、「受験の手引き」やその他の書類です。

願書 005
 
 「受験の手引き」を読み進めていくうちに、ドキドキ感やワクワク感が甦ってきました。

 早速、科目免除を受けるための「一部科目合格通知書」を探したら、出るは出るは9枚出てきました。

 やっぱり10度目の挑戦であることが、確認できました。 

BlogPaint

 それにしても、一番初めに受けた平成17年の試験結果は酷い点数ですね。

 平成25年の実技試験不合格で、自分には才能がないと勝手に思い込んで平成26年は未受験でしたので、今年は筆記試験からやり直しです。

 今年は免除が消えてしまった「保育原理」、「教育原理・社会的養護」、「保育の心理学」、「子どもの食と栄養」を中心に頑張らなくてはなりません。

 難関科目の「教育原理・社会的養護」と「子どもの食と栄養」を攻略して、なんとか実技試験まで辿り着きたいものです。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ